投資信託の基本は少額で分散投資が可能

投資信託という投資商品が一般化されてきています。投資信託は小口での投資を可能にしたもので、資産運用を考える一般の方もどんどん購入していっています。投資信託の魅力は色々とありますが、その中のメリットとして分散投資ができるということです。投資全般に言えることですが、資産をいくつかの商品に分けて投資をすることでリスクも分散することができます。たとえば一つの株式を購入したとして、その株式が一気に値下がりしてしまったら資産は目減りします。最悪の場合、その購入した企業が倒産してしまえば、購入した株式の価値はなくなってしまいます。たちまち大損することになってしまいます。そのため、リスクを少なくさせるために投資先は分散させるのが基本と言われています。 しかし、分散投資のデメリットは投資の資金がたくさんないことには分散投資ができません。株式は数百万する銘柄がたくさんあります。分散して購入するとなると、余程潤沢な資金がないことには不可能です。 投資信託が支持される理由として、小口のお金を集めてまとまった資金で運用するので様々な資産に分散投資します。それによってリスクを回避することになりますので、少額でローリスクな投資ができます。

— Read the article in full

Subscribe to RSS Feed

Categories

Archives

Recent articles

長期投資は複利の効果で資産が殖える

資産運用のために投資をする方が多いですが、資産をより確実に増やすことを選ぶのであれば長期投資がおすすめです。
長期投資の最大のメリットは複利運用ができることです。投資によって得た運用益をすぐに手元に残すのではなく、再投資をすることで資産は賢く育っていきます。これは有名なアインシュタイン博士も絶賛した「人類最大の発明」と言われた法則です。

長期的な投資は収益を平均化させます。しかし、複利のマジックのすごいところはリスクを減らすだけでなく、リターンをも増やすという、まるで魔法のような方法があるのです。複利運用は単利運用とは比べ物にならないほどの利益差を生み出します。

たとえば500万円を5%の金利で30年間運用するとして、単利の場合、5%に30年をかけることになるので、30年後には500万円が1,250万円まで育ちます。しかし、複利の場合ですと、5%に30年をかけるのではなく、30乗することになります。その結果、30年間で500万円が2,160万円まで育つことになります。

この差を見ると、資産運用のために長期投資をおすすめする理由がわかっていただけるでしょう。
すぐに投資収益を確保させたいという欲をガマンすることによって得られるものと考え、すぐに回収しない方が断然お得なのです。

資産形成で失敗をしてしまった場合

資産形成で失敗をしてしまうことがあると、それは精神的にも大きなショックにもなりますよね。
失敗をしてしまった背景には必ず原因があるものですが、それだけではなく、経済的な状況など、運的な要素が絡んでしまっている場合もあります。
どうあっても避けることができないトラブルが起こることも投資、資産形成での大きな特徴であると言えるでしょう。

このようなことが起こってしまった場合には、適切に原状回復ができるように行動を起していくことが大切であると言えます。変に損失を取り戻そうとするとより大きな失敗をしてしまうこともあります。
そのような失敗が起こると、より損失というのは膨らんでしまうことも多く、取り返しのつかないことになってしまう場合もあるので、現状復帰、回復を意識することが何より重要となります。

このようなことを意識することができれば、それだけ安心して、安全に資産形成をしていける可能性は高くなってきます。
資産形成に失敗をしてしまうと非常に大きな喪失感が出てきてしまうこともありますが、手を引くべきか、そうでないべきかだけでも適切に選択しておくべきであると言えます。投資に集中できなくなってしまえば、手を引くのも大切です。

資産形成についてもっと知りたい人はこちらへ